au 転出 手続き

auから転出してmineo(マイネオ)へのMNPタイミングはいつが得?

auから転出してmineoに切り替えるとき、auの更新月で料金が得する転出方法で大事なのはタイミングでした。
auから転出してmineoに切り替えるタイミング、具体的にはauの転出手続きを始める日にちを間違えると、auの転出月の請求額が18,000円になります。
しかし、あたたが本サイトでお伝えする転出方法で切り替えるなら余計な出費はありません。必要最低限の費用でmineoへ切り替えられます。

auのMNP予約番号は月末に取ってはいけない

mineoの申し込みからau転出・mineo切り替えは3日から7日ほどの期間が必要です。 この期間中に月が変わると、auへの請求額が18,000円になります。

MNP予約番号を取るタイミングは月末以外ならいつでもいいのですが、2つの目安があるので見ていきましょう。

auのMNP予約番号の取得は18日が1つの目安

一番防がないといけないことが、中途半端に翌月もauの契約が残ること。
auは日割りが無いので、2日しか使わない月でも利用料は全額請求されます。
さらに、翌月が更新月を過ぎると2年縛りの違約金(9,800円)も発生します。
転出した月の請求金額は、合計で16,000から18,000円ぐらいになります。

しかし、auのMNP予約番号を18日までに取れば大丈夫!!

というのも、mineoはMNP予約番号の発行から13日後にauを解約するというルールがあります。
18日からの13日後は(19日からの13日後は)ちょうど月末になるんです。
このルールを利用したら、mineoの切替を忘れていても月内にau解約になります。

18日以降にMNP予約番号を取得しても大丈夫

mineoへの切り替えを忘れずに、月内に実施すれば問題ありません。

MNP予約番号の取得は、きっちり18日でなくても構いません。
mineoに申し込む前にMNP予約番号を取ればいいんです。

MNP予約番号は取るだけなら無料なので、mineoへ切り替えるかどうかは別にして、とっておくといいですね。

auのMNP予約番号18日を過ぎたらこの日までに取ってください

mineo側の手続き&SIM発送の日数を考慮したら、遅くとも28日までにmineoの申し込みを済ませておけば、月内にauから転出&mineoの利用開始が実現できます。

逆算すれば、MNP予約番号も28日までに取ればいいということですね。

MNP予約番号は取るだけなら無料!

MNP予約番号を取ったら、5日以内にmineoに申し込んでください。
mineo申し込み時点で、この予約制限期間が10日以上残っている事が必要です。
もし10日を切っていたら申し込みできないので、MNP予約番号を取ったその日のうちにmineoに申し込みましょう。

ここまでのまとめ(MNP予約番号について)

18日をメドにMNP予約番号を取得する
 → 月内でauが強制的に解約

28日までにMNP予約番号とれば月内の手続きに間に合う

MNP予約番号を取ったら5日以内にmineoに申し込む
 → できるだけ早めにmineoへ申し込む

auの料金は日割り無し。
更新月を過ぎたら解約金が発生するので、転出したらおおよそ10,000円ほど余計に支払わないといけない羽目に。

できるだけ月末近くまでauを使ってからのmineo切り替えがオススメです。

MNP予約番号を取るのは拍子抜けするほど簡単(所要時間10分ほど)

まず、mineo申込時に必要なMNP予約番号は、iPhoneやスマホからは取れません。
なので「電話でMNP予約受付窓口に申し込む」「auショップで申し込む」の2種類があります。
手間がかからずスピーディーな電話での手続き(10分から15分程度)がオススメです。

まずは、auに電話して15日間有効のMNP予約番号をもらいます。

[au携帯電話・一般電話共通]
0077-75470(無料)
[受付時間]
9:00-20:00

電話がつながると、注意点と転出費用(MNP発行手数料と更新月以外の解約料)の説明後、10桁のMNP予約番号を発行してもらえます。

発行時、MNP予約番号をメモるように言われますが、数分後にショートメールで通知してくれます。

MNP予約番号の取得からmineo申し込みの所要時間の目安は、おおよそ10〜15分ぐらいです。

MNP予約番号を取得したらmineoの申し込み→auはmineoが解約

私がauからmineoにMNPした際はこのような流れでした。
・ 18日にMNP予約番号を取得し、mineoで契約登録。
  (auからのMNPは、auプランのデュアルタイプ+MNP)
・ 19日に契約手続き完了メール(*)が届く。
・ 20日に出荷完了メールが届く。
・ 21日にmineoからSIMカードと契約書が届く。


(*)契約手続き完了メールが来たら、一安心。
申し込みから2日から5日(土日も含みます)かかるようです。
なので、MNP予約番号の取得とmineoの申し込みは、遅くても28日までに済ませましょう!

契約手続き完了メールの翌日に出荷完了メールが届き、更にその翌日にはSIMカードが届きます。

SIMカードの差し替えと通信設定の手順は、SIMカードと同梱されている手順書のとおりできて簡単でした。

もしmineoを検討しようと思われたら、mineoに切り替えるかは別にして、まずはいまお使いのスマホがそのまま使えるのかや、キャンペーン情報に目を通しておくのもいいですね。

mineo契約時のお得技

mineoは契約月のみ日割りなんです。でも、通信量は日割りになりません。
例えば22日に3GBで契約すると、料金は残り日数分(約400円)のみなのに、3GBまるまる使えます。
更に残った通信量は全て翌月に繰り越せます!
9日で1GB使ったとしたら繰越が2GBになるので、翌月は5GBからスタートします。

これだけで、mineoの審査を最短で通しやすくします

免許証などの証明書の住所が、申込み時に記入する住所と同じでないとSIM発行に時間がかかるので、正確に入力しましょう。
身分証が「◯△町2丁目1番3号」なら「◯△町2-1-3と記入してはいけません。
かならず、提出する身分証と同じ住所で申し込みをしましょう!!

mineo申し込み、身分証の提出方法

本人確認書類
運転免許証・パスポート・健康保険証その他いずれか一つが必要になります。
WEB上での契約は本人確認書類の画像(ケータイカメラ・デジカメ・スキャナ等で取り込み)をアップロードする形で行います。
簡単なのはスマホで写メを撮影して、そのまま送信します。
やり方は簡単で、机の上に置いた免許証などの本人確認書類を撮影して、アップロードするだけです。
注意してほしいのは、住所・氏名・生年月日・などの文字情報が見えにくかったら、申込後の審査に時間がかかります。
できるだけ鮮明に写るように撮りましょう。

iPhoneからだと写真をアップロードできない場合があれば、設定アプリ(歯車のアイコンですね)から写真の権限を再度オンにする方法で回避できます。
設定のプライバシーをタップ。
写真をタップ。
オフにないっているアプリのボタンをタップしてオン(緑)にする。

この設定をしたら、アップロードできるようになっています。

SIMカードが届いたらmineoへ切り替え(MNP)

mineo契約しても、SIMカードが到着しても、mineoで切り替えするまではauのままだということです。

申し込みが集中する月末・月初めはmineoの事務スタッフも増員して対応しているので少々ぎりぎりになっても間に合うようですが、できれば余裕を持ってこちらからmineoの申し込みを済ませましょう。

mineoのMYページにて切り替え(MNP)手続きは、任意のタイミングで行います。
届いたSIMカードに同封されている認証IDを使います。

そのあと約30分ほどで自動でmineo側切り替わりました。
同時にauは自動的に解約になります。

ということで、au転出時の費用を一番安くするベストタイミングは、
18日から28日までにmineoに申し込んでから、できるだけ月末近くに切り替え(MNP)


au転出 → mineoへ狙ったタイミングで切り替え(MNP)できるのは、mineoです。

MNP予約番号を取ったら、次はこちらからmineo公式サイトで申し込みしましょう。



mineo

auウォレットのポイントは、転出前にAmazonポイントへ

au walletプリペイドカードは、auから転出すると使用できなくなります。
それまでに使い切りたいので、オススメはAmazonギフト券(チャージタイプ)を購入です。

Amazonギフト券は1円単位での購入が可能です。123円分のチャージが残っていた場合、123円分のギフトカードをwalletプリペイドカードで決済します。
これでチャージもすっきり0円になります。

自分以外の人にAmazonポイントを送るなら、Amazonギフト券(Eメールタイプ)の購入です。 ポイントを贈りたい人のメールアドレスに送って利用します。

まとめとおさらい

MNP予約番号を取ったら、5日以内にmineoに申し込んでください。
というのも、mineo申し込み時点で、この予約制限期間が10日以上残っている事が必要です。
もし10日を切っていたら申し込みできないので、MNP予約番号を取ったら今すぐmineoに申し込みましょう。

複数回線の申し込みを一度ではできません。 ということで面倒なのですが、2台同時なら2回、mineoへ申し込みます。

auからmineoに切り替えたい日の午前9時〜午後9時の間に、mineoで切り替え手続き(手順は、SIMカード同封の書類のとおり)をします。


au転出 → mineoへの切り替えは、マイネオだから自分で決められます。

ショップは教えてくれない、更新月を過ぎたら携帯代が高くなる理由

2年経つと、毎月割や誰でも割という利用料割引サービスが無くなり、3,000円前後の割引が無くなります。
さらに、テザリングオプション(530円)も最初の2年だけが無料なので、これも月額料金が発生します。
つまり、auをそのまま使い続ける場合は、各種割引がなくなるので月々の料金が高くなるということです。

では合計でいったい、どれぐらい高くなるか把握しているでしょうか?

実は、更新月以降は、5,000円ほど携帯代が上がります。

毎月割 終了で 2,000円増
誰でも割 終了で 934円増
テザリング無料 終了で 500円増
LTEフラット スタート割(i) 終了で 500円増額

その他にも、割引オプションは契約内容によって変わります。しかし、上記の他に「auにかえる割」「誰でも割」「スマートバリュー」(これは割引額が減額)なども加算される場合があります。

これだけ加算されたら、どれぐらいの料金を払い続けることになりますか?


更新月を過ぎてもauを使い続けてはいけない!理由その1

ということで、更新月を過ぎて更に2年間auを使い続けていたら、mineoに切り替えた料金とどれぐらい差が出るか試算してみました。

auの月額料金は、上記の「更新月を過ぎたら加算される料金」を合算して、10,000円にしています。

(1)このままau
 au月額約10,000円×24ヶ月=240,000円
(2)mineoにMNPする
 mineo月額約1,500円×24ヶ月=72,000円

これはもう言うまでもなく(2)の方が絶対にお得ですよね。
(1)-(2)=168,000円

この計算でもわかる通り、17万円近くも差が出ます!これはmineoに切り替えないなんて手はありません。
これは言い換えれば、17万円も自由に使えるお金ができるということです!

みすみす17万円も余分に払いつつ、さらに毎月のスマホ代の高さに悩み続けたいでしょうか。
そうならないためにも、まずは料金シミューレションでいくら節約できるかmineo の公式サイトをチェックしてみましょう。

今お使いの機種の分割代金が残っていても、auを解約してmineoに切り替えられます。
分割金は、これまでどおり月払いでもOKです!!


更新月を過ぎてもauを使い続けてはいけない!理由その2

2年縛りの更新月を越えてもauのままだと、2年縛りがが更新されます。
つまり、次の2年が来るまでに解約したら、違約金が発生するということです。
auを解約してmineoに切り替える手間を惜しむ代償は、上記のとおり高くつきます。

mineoは「マイネ王」という、mineo契約者参加型の掲示板があり、ここではQAのやりとりが盛り上がっています。
トラブルの殆どは検索したら解決しますし、投稿しても丁寧に教えてくれます。



mineo